iライン脱毛を自己処理で行う危険性!絶対にiラインを自己処理しちゃダメ!

iラインの脱毛と言うのはやはり誰もが恥ずかしいと思う部分ですよね。

でも一度iラインのムダ毛が気になるとどうしても自己処理で脱毛をしたくなる、これも同じ女性としてわかります。

でもiライン脱毛を自己処理で行う事で、他の部位よりも危険が高まるってご存知でしたか?

ここではiラインを自己処理した時の危険性や後悔した例などを挙げてご説明したいと思います。

iライン脱毛を自己処理するとこんな危険性が

iラインと言うのは、デリケートな部位でもあり、毛質も太いのが特徴です。しかも毛の方向がバラバラに生えていますのでiラインの自己処理は危険を伴う確率が非常に高くなるのです。

では具体的にどんな時にiライン脱毛の自己処理が危険なのか?をまとめてみたいと思います。

 生理の時:女性には生理がありますが、この生理中と言うのはお肌がとても敏感になる時なのです。iラインの自己処理をお肌が敏感な時にしてしまうと、いつもよりもお肌へのダメージが大きくなる危険性があるのです。

 カミソリや毛抜きでの自己処理:これはiラインの脱毛に限った事ではありませんが、カミソリでムダ毛の処理をする事自体、お肌を傷つけているのと同じです。お肌を削っていると言った方がわかりやすいかもしれませんね。また毛抜きでiラインのムダ毛を抜く、これも毛穴が炎症を起してしまいますので絶対にやって欲しくない自己処理方法になります。

 脱毛クリームなどを使う:これもとても多い事例ですよね。脱毛クリームでムダ毛を溶かす方も少なくはありません。しかもデリケートゾーンにも利用可能!と書かれた脱毛クリームも売っていますが、配合されている成分がiラインにダメージを与える可能性がとても高いのです。刺激が強いんですよね。しかも思った以上のiライン脱毛効果を実感出来ませんので、この自己処理もやめた方が良いです。

このようにいろいろなiラインのムダ毛を処理する方法はあるのですが、どれもお肌自体にダメージを与えるものばかりです。

特にiラインはデリケートゾーンですので、ダメージを受けやすいのです。

iラインの脱毛を自己処理で続けていると?

iライン脱毛を自己処理で続けていると、お肌を傷つける事もそうですがiラインが黒ずんできます。

剃ったりする行為によってお肌が擦れてしまうので、iラインがどんどん黒ずみとなっていくんですよね。

これは女性ならほとんどの人が嫌がる事ではないでしょうか?

好きな男性やお付き合いをしている男性にデリケートゾーンが黒ずんでいる・・・と思われるのはさすがに厳しいですからね。

でもiラインのムダ毛処理を自分でやり続けると黒ずみの原因にもなってきます。

よく毛は剃り続けると太くなったり濃くなったする、と言われていますが、これに関しては間違った情報です。

カミソリやシェーバーなどでiラインのムダ毛を剃っても太くなったり濃くなったりはしません。これは毛穴自体に変化が起きるわけではないので、ムダ毛自体が変化をする事はないのです。

でも黒ずみは普通に起きてしまいます。この為、デリケートゾーンの黒ずみを解消するクリームなども販売されているわけですよね!

<<デリケートゾーンの黒ずみクリーム!ハーバルラビットゲルクリーム

やはりiラインの脱毛については、どうしても気になるようでしたら脱毛サロンクリニックに相談をするのが私は一番良いと思います。