iライン脱毛のやりすぎでやけど?無理したiライン脱毛は良くない

iライン脱毛をする時に少しでも効果を出したい!脱毛回数を少なくして、早くキレイにしたい!と思うのは誰でも同じです。

脱毛サロンでは、iライン脱毛の時にフラッシュの出力を毛質や毛量に合わせて調整をして脱毛をします。

この時に「フラッシュを強めにしてください」と言うお客さんも結構多いそうです。もちろん照射するフラッシュの出力を上げるとiライン脱毛は効果も早いですし、時間も短縮できるでしょう。

でもそんな事をしてしまうと・・・?

iライン脱毛のやりすぎでやけどをした事例が?

先ほど触れたように、中にはフラッシュの出力をアップしてもらった為にiラインのやけどをする、と言う事例があったそうです。

特にiラインはデリケートゾーンですので、やりすぎによるヤケドはとても怖い事ですよね。

脱毛サロンでiライン脱毛をする場合、毛周期の関係や部位によって出力を変更する事で効果的なiライン脱毛を行っています。

少しでも効果を早く出したいと思う気持ちはわかりますが、iライン脱毛のやりすぎには本当に注意が必要です。

よほど脱毛サロンのスタッフの方が注意をしてくれますので大丈夫なのですが、中にはお客さんの言うとおりに出力をあげてしまい、iラインをヤケドさせてしまった・・・という事例もあるでそうですので気をつけましょう。

iライン脱毛のやり方ってどんな風なの?

iライン脱毛のやりすぎによるヤケドのお話は先ほどご紹介しました。ではiライン脱毛って実際にどんなペースでどんなやり方をしてるの?

という事についてお話をしたいと思います。

一番最初に思いつくこと、それは「iライン脱毛の時ってどんな姿勢でどんな格好で施術するの?」という事かもしれませんね。

どうしても恥ずかしいと言うイメージが強いのではないでしょうか?

恥ずかしいから早くiライン脱毛を終わらせたい・・・という気持ちからもやりすぎてしまうんですよね。

ではそんな方の為にiライン脱毛のやり方をご紹介したいと思います。

 iライン脱毛の照射方法について
ほとんどの脱毛サロンでは専用下着を着用する事が多くなっています。その専用下着をずらしながら、フラッシュを照射します。専用下着は有料のところもありますが、タオルなどを使って代用するサロンもあります。iライン自体はほとんど見えない状態で脱毛をしてくれますので安心です。

 iライン脱毛はどんな格好で行うの?
よくある脱毛の格好としては仰向けになって寝ます。そして片足ずつ膝を立てて外側に倒しながら脱毛を行うのが主流ですね。ですからiラインがマルッと見えてしまうことはまずありません。サロンやクリニックによっては下着をすべて脱いで施術するところもありますが、その場合はタオルでしっかりと隠しながら行ってくれます。

上記のような方法でiライン脱毛を行いますので、最初は恥ずかしいかもしれませんが、思った以上に恥ずかしいのは慣れますし、そこまで恥ずかしい体勢では行いません。

iライン脱毛のやりすぎ、出力の上げすぎは本当に危険ですので、ペースをしっかりと守ってiライン脱毛を行ってくださいね。